【副業ライターの始め方】WEBライターに必要な機材やスキル、稼ぎ方を現役ライターが解説します

【副業ライターの始め方】WEBライターに必要な機材やスキル、稼ぎ方を現役ライターが解説します

社会人が本業の傍、副業やパラレルワークをするのが珍しくない昨今、さまざまな副業が注目されています。中でも「副業ライター」はよく見るワードで、多くの方がライティングでお金を稼ぎたいと考えているはずです。

実際、インターネットで副業ライターをおすすめするサイトや記事を見てみると、以下の点を必ず強調しています。

  • 未経験でも初心者でも誰でもできる
  • 必要なのはパソコンだけ
  • 1カ月10万円も全然余裕

果たして、こういった売り文句は本当なのでしょうか?

そこでこの記事では、現役のWebライターが「副業ライターの始め方」と題して、ライターを始めるに当たって知っておきたい情報を徹底的にまとめています。

必要な機材やスキル、さらには稼ぎ方まで徹底的に網羅しているので、気になる方は参考にしてください。

yusei吹き出し
Yusei

この記事をご覧いただきありがとうございます。現役WebライターのYuseiです。副業でライターを始めたい方に向けて、自身の実体験を交えながら分かりやすく解説していくので、参考にしてもらえればありがたいです。

副業としてライターを始める方が急増中!その背景にあるものは?

「1つの会社で定年まで」という終身雇用が当たり前ではなくなった今の時代、副業やパラレルワークで「本業とは別にお金を稼ぐ手段を持っておくべき」と考える社会人は以前よりグッと増えたはずです。

また、昨今の働き方改革で残業時間が減り、「残業が減ったのは良いけど残業代が出なくなって正直厳しい」と感じている方もいるかもしれません。

このような社会情勢の変化により、これからの時代に副業を始める方はグッと増えることが確実視されています。

「ちょうど良い副業」はなかなか見つけられない

そこで多くの方が気になっているのが「おすすめの副業」ですが、多くの副業は以下の「2つの欠点」のどちらかを持っています。

  • 始めやすいがキャリアアップが望めない
  • キャリアアップはできるが始めるのが難しい

たとえば、空いた時間にアルバイトとしてどこかの店舗で副業をするのは、確かに誰にでも始めやすいですよね。しかし、アルバイトはあくまでアルバイトなので、それをきっかけにするキャリアアップは望めません。

一方で、プログラミングなど専門性の高い副業は、確かに努力次第でキャリアアップはお手の物です。しかし、副業を本格的に始めるまでに数百時間の勉強が必要ですし、現場に出てからも絶えず知識やスキルをアップデートしていかなければならず、こちらもこちらで欠点が目立ちます。

だからこそ、「どんな副業をすれば良いのかわからない」と考えてしまい、結局、副業を後回しにしてしまう「現状維持」になってしまうのです。

Webライターは本当に「パソコンだけで誰でも簡単に始められる」のか

では、アルバイトやプログラミングなど、定番の副業と比較して「Webライター」はどうなのでしょうか?先述のように、Webライターは、

  • 未経験でも初心者でも誰でもできる
  • 必要なのはパソコンだけ
  • 1カ月10万円も全然余裕

このように「パソコンだけで誰でも簡単に始められる」と色々な場所で、色々な人に言われていますが、「現役Webライターの本音」を以下で解説していきます。

未経験でも初心者でも「できます」

まず多くの方が気になるであろう「未経験、初心者でもできるのか」という点ですが、もちろん可能です。ライターというと、どうしても「お堅いイメージ」があるかもしれませんが、Webライターの現場で求められるライター像は少し異なります。

なぜなら、Webライターは書籍のような「読みもの」ではなく、「情報をまとめたもの」を執筆することが多いからです。したがって、高度な文章力がなくとも、「ある程度の日本語能力」「コピー&ペーストをしない」など、一般常識レベルのものを除けば、そこまで高度な執筆スキルがなくても十分に稼げます。

実際、インターネット上で何か情報を探そう記事を検索する時、「日本語がしっかりしているか」よりも、「必要な情報がしっかり得られるか」を重視しますよね。

したがって、未経験、初心者でも仕事をこなしていくことはできますが、「自分だけの強み」を持っていれば稼ぐのはもっと簡単です。

  • サッカーのことなら何でも知ってる
  • 観葉植物の記事ならいくらでも書きたい
  • 色々な場所に旅行に行った経験がある

このように、「何でも知ってる」「どんどん書きたい」「自分だけの経験がある」など、他の人には真似できないものがあると、仕事を探しやすくなりますし、仕事に取り組みやすくもなりますよ。

yusei吹き出し
Yusei

「人脈もツテもないのに仕事が取れるのか」を不安に感じる方もいるかもしれませんが、これは後述する「クラウドソーシング」を利用すれば解決できます。文字通り「経験者でなくても始められる」のはWebライターの魅力です。

必要なのは本当に「パソコンだけ」です

次に気になるのが「本当にパソコンだけでできるのか」ではないでしょうか?

結論からいえば、本当にパソコンだけがあればWebライターは始められます。Webライターが与えられる仕事は、基本的に「インターネットで調べて〇〇の記事を書いてください」というものです。

もちろん、仕事の単価が上がれば上がるほど、「ただ調べるだけ」の記事は求められなくなりますが、「Webライターを始める」点に絞っていえば「パソコンだけ」で全く問題ありません。

他の副業では、初期投資が必要なものもあるため、手持ちのパソコンやタブレットをそのまま使えるのは明確なメリットです。

簡単ではないが「10万円も可能」

最後に「お金」のところに触れますが、色々な人が「月に10万円も全然余裕!」などと煽るようにWebライターを宣伝しています。ですが、本当に「全然余裕で10万円を稼げる」ならみんなやってますよね。

普通に考えれば、今のご時世に1カ月に10万円は簡単に稼げるわけがないので、「全然余裕!」というのは事実ではありません。

しかし、コツコツと努力を重ねていけば、10万円稼ぐことは夢ではありません。なぜなら、Webライターは以下のような理由があり「稼ぎやすい」からです。

隙間時間を使いやすい
本業をしながら「完全在宅」で隙間時間を有効活用できるから稼ぎやすい。
慣れてくれば執筆しやすくなる
Webライターの仕事は「記事か文字」で単価が決まる。つまり、書けば書くほど稼げる。
ほとんどが辞めてしまう
ほとんどのライターは途中で辞めるか、スキルアップをしない。努力を継続すれば案件がどんどん入ってくる。

この中でも注目したいのが「ほとんどが辞めてしまう」点です。どの業界でもそうですが、結局のところは「コツコツと続けたもの勝ち」ですよね。

Webライターの世界でも例外ではなく、多くのWebライターが「誰でもできる!」「パソコン1台で稼げる!」という触れ込みで業界に入ってきます。

しかし、後述するように、新米Webライターを待ち受けるのは「1文字0.1円」などの劣悪な労働条件です。1,000文字書いてやっと100円、正直やってられません。

このような現実を見て、「やっぱり自分には向いてないな」とWebライターそのものを辞めてしまったり、「力を入れても仕方ないから適当にお小遣いを稼ごう」とスキルアップを辞めてしまったり、多くの方が途中で投げ出してしまいます。

だからこそ、「コツコツと努力を重ねていく人材」は重宝され、案件が続々と入ってくるようになるまで、それほど多くの時間はかからないでしょう。つまり「キャリアアップしやすい」ということです。

以上より、「簡単ではないが、コツコツやっていけば1カ月10万円も稼げる」のは事実です。少なくとも「適当にやってるだけで10万円稼げる」わけではないので、この点は注意してください。

yusei吹き出し
Yusei

このように、Webライターは他の副業よりも「始めやすく、稼ぎやすい」点が魅力なので、多くの方が参入してきています。次の章で、副業でライターを始めるために必要なことを知っていきましょう。

副業でライターを始めるための4つのステップ

Webライターの副業としての魅力を知ったところで、次はWebライターの始め方を解説していきます。「具体的に何から始めれば良いのか」が曖昧なままだと、どんどんと始めるのを先延ばしにしてしまうので、以下の4つのステップを知っていきましょう。

  1. 必要機材を揃える
  2. タイピングに慣れる
  3. クラウドソーシングで案件に取り組む
  4. クライアントと信頼関係を構築する

1から4まで順番にステップアップしていけば、誰でもすぐにバリバリ働けるライターになれますよ!

1:必要機材を揃える

Webライターを始める上で、まず最初にすべきことが「必要機材を揃える」ことです。

パソコンやタブレットなどのハードウェア、Officeなどのソフトウェア、さらにはあったら便利なものまで現役ライターが解説していきます。

絶対必要なもの

まずはWebライターに絶対に必要なものから解説していきますが、先述のように、Webライターは「初期投資がほとんどいらない」点が最大の魅力です。したがって、「絶対に必要」なものは以下の2つしかありません。

端末
パソコンやタブレット。パソコンの方が取り組みやすいが、はじめはタブレットでも可。
Office
ワード、エクセルなど。代替品でも良いが、Microsoft純正品が一番安心。

当然ながら、「端末」は絶対に必要です。パソコンとタブレットが選択肢にあがりますが、Webライターは「書くこと」が唯一の仕事だと思われがちです。

しかし、実際に仕事を始めてみると、書くことと同じくらい「調べること」が大切だと気づくもの。案件によっては、調べる時間の方が執筆時間よりも長くなることだってあります。

特に、これからの時代は「パッと調べて誰でも書けるようなコンテンツ」は求められず、「信頼性とオリジナリティのあるコンテンツ」がより求められます。前者のようなコンテンツは既に飽和状態にありますし、何よりコンテンツを表示させるGoogleから評価されない、つまり「検索上位に表示されない」からです。

したがって、「書く」「調べる」という2つのタスクを同時並行でこなせるような端末を選んだ方が、よりライターとしての仕事をスムーズにこなせることになります。つまり、「できることが多いに越したことはない」という意味で、汎用性の高いパソコンの方がおすすめです。

ライティングだけをこなすなら、それほど高いスペックは必要ありませんが、最低限「ストレスなく快適に使える端末」を用意しておきましょう。

また、作成したコンテンツをクライアントに納品する時は、「Word指定」としていることもよくあります。これに備えて、Microsoftが提供する純正Wordアプリを端末に入れておきましょう。Appleの無料ソフト「Pages」など代替アプリでもWordファイルは作成できますが、やはり純正品は安心して利用できますよ。

yusei吹き出し
Yusei

このように、WebライターはパソコンやタブレットとOfficeさえあれば「今すぐ」にでも始められます。人によっては「既に持ってる」状態からスタートできるので、初期投資はゼロ円であることも珍しくありません。

あったら便利なもの

続いて「あったら便利なもの」を現役のWebライター目線でまとめてみました。以下を参考にどうぞ。

ディスプレイ
大きな画面、複数画面で作業できる。マルチタスク環境を作れれば作業効率グンとアップ!
モニタースタンド
首を傾けながらの作業は疲労が溜まりやすいし姿勢にも悪い。目線と同じ高さにディスプレイを設置。
キーボードとマウス
ノートPCのキーボードとタッチパッドが使いにくい場合に。作業効率向上やミスタイプが減るのがメリット。
アイケアアイテム
ブルーライトカットメガネや目薬など。本業に支障が出ないよう、しっかりケアしよう。
インターネット回線
無制限に使える光回線に加え、外出先でも使える回線があると便利。テザリングでも作業可。

この中でも優先度が高めなのが、「ディスプレイ周り」です。ノートパソコンの10インチ〜15インチ程度の画面だと、細かい文字を視認する時の目への疲労感が強く、作業領域も狭くなってしまうので、さまざまな面で支障が生じます。

こういった理由から、20インチ以上のディスプレイにパソコンを接続し、「大きな画面でゆとりを持ちながらの作業」ができると良いでしょう。ノートPCの画面をサブディスプレイとして使えば、マルチタスクもこなせます。

また、ディスプレイを目線の高さに持っていくためのスタンドやアームがあるとなお便利。首を傾けながらの作業は体にかける負担が非常に大きく、首や腰を痛めて本業に支障が出てしまっては本末転倒です。

yusei吹き出し
Yusei

ここまでで紹介したモノは、全て仕事をする上で必要なモノです。確定申告時に経費として処理すれば節税効果も生まれるので、購入時のレシートや領収書は大切に保管しておきましょう。

2:タイピングに慣れる

必要機材を揃えたら、続いて「タイピング」に慣れていきましょう。

「タイピングなんて一通りできる」と思う方も多いと思いますが、一般的な事務作業のタイピングと、ライティングにおけるタイピングは大きく異なります。

ライティングの速度がそのまま収入に直結するのがWebライターなので、タイピングに慣れておいて損はありません。以下で、効果的なタイピング練習法を解説していきます。

キーボードを使って日記を書こう

最もおすすめなタイピング練習方法が「日記を書くこと」です。通常、日記は手書きでじっくり書くものですが、キーボードを使って書いてみましょう。以下の効果が期待できます。

  • タイピング速度が向上する
  • 言語化能力が向上する
  • 書くことが習慣化する

タイピング速度の向上はもちろんのこと、「言語化能力の向上」はライターにとって非常に大きなメリットです。文章を書く時、必ず行うのが「自分の思考を言語化すること」ですが、これに慣れられるかどうかでライターとして稼げるかが決まってきます。

したがって、「その日あった出来事に対して自分がどう感じたのか」を言語化する日記は、ライティングスキルを向上する上で最適です。ライティング案件は「1記事1,000文字〜10,000文字」が相場なので、最低でも1,000文字程度の日記になるとより効果が期待できますよ。

yusei吹き出し
Yusei

仕事以外の時間で「どれだけ書くことに慣れられるか」が大切なポイントです。1日に数千文字を書くことに抵抗感を抱かなくなれば、稼げる額は大幅にアップします。ちなみに、この記事はここまでの時点で「およそ6,000文字」です。

ゲーム形式で技術を高めていくのも効果的

タイピング練習ゲーム

出典:寿司打

このように、日記を書くことでタイピングスキルを含めた「ライティング全般のスキル」を磨けますが、タイピングそのもののスキルをダイレクトに高めたいなら「ゲーム形式」でスキルを高めていくのも良いでしょう。

代表的なタイピングゲームが「寿司打」です。

寿司打のプレイ画面

ブラウザゲームのどこか懐かしい雰囲気がありますが、ゲーム内容は「制限時間内に回転寿司形式で流れてくる文字を打てるだけ打つ」という至ってシンプルなもの。3つのレベルに分けられており、簡単な文章から始めていくのが良いでしょう。

寿司打の寿司打の結果結果

ゲーム終了後は、

  • 正しく打ったキーの数
  • 毎秒あたりの平均キータイプ数
  • ミスタイプ数

これらのものが表示され、

寿司打のランキング

このように、ランキングも集計されます。1日10分程度取り組むだけでもタイピングへの順応性が高まり、また「自分のミスタイプの癖」も掴めるので、ぜひチャレンジしてみてください。

3:クラウドソーシングに登録する

必要機材を揃えながらタイピング練習に取り組んで、準備万端な状態まできたら、いよいよライターデビューです。早速仕事を始めていきましょう。

ところで、このようなことを考える方は少なくないのではないでしょうか?

「仕事を始めるっていったって、そもそも素人ができるライターの仕事なんてあるの?」

心配する必要はありません。もちろん存在するので、以下で具体的なやり方や流れを解説していきます。

現役ライターも利用するおすすめクラウドソーシングサイト

まず仕事の探し方ですが、ライターとクライアントをマッチングさせる「クラウドソーシング」に対応したWebサイトを利用します。クラウドソーシングとは、「不特定の人(クラウド)に業務を委託する(ソーシング)すること」で、アンケート回答からライティング案件、プログラミング案件などなど、さまざまな業務で採用されている働き方のこと。

参考:クラウドソーシングとは – 総務省

つまり、クラウドソーシングに対応したWebサイトを利用すれば、未経験でもコネがなくても、誰でもクライアントとマッチングできるということです。

そして、クラウドソーシングサイトでは、「ライター初心書OK」とする案件が多数あるため、まずはそこに応募してスキルを磨いていきましょう。

以下では、現役ライターも利用するおすすめのクラウドソーシングサイトを紹介していきます。

ランサーズ

クラウドソーシング業界の中で、最も選ばれているのが「ランサーズ」です。

公式サイト内で「仕事数No.1」との記載がありますが、現役のライター目線でもこれには納得できるほど、最も活発に動いています。

情報の公開や非公開を選べる点や、発注が確定した時点で報酬が仮払いされ、持ち逃げリスクをゼロとする「仮払い制度」など、クラウドソーシング業界の「常識」を先駆けて作ってきた実績もあり、「ライターを始めるならランサーズから」と考える現役ライターも多いです。

試しに「ライター」で案件を検索してみると、数えきれないほどの案件がヒットしました。画像にあるものを見てみると、数千円から数万円の報酬となっている案件が普通に存在することがわかると思います。

もちろん、登録は無料。ものの数分あれば登録から案件応募まで辿り着けるので、「とりあえず」の気持ちで始めてみるのも良いでしょう。

クラウドワークス

クラウドーワークスもライター初心者におすすめのクラウドソーシングサイトです。基本的な仕組みはパイオニアのランサーズとほとんど同じで、利用のしやすさという点ではどちらも違いはありません。

クラウドワークスの最大の魅力は、「初心者に優しい」点です。「スキルアップ支援」を目的とする「クラウドカレッジ」を提供しており、多くのユーザーが集まる「ハタラク相談室」でサポートを得られたり、無料のスキルアップ動画を視聴できたりと、クラウドソーシング初心者でも安心して働ける仕組みを揃えてくれています。

したがって、「ゼロからのスタートで少し不安」と感じている方に、クラウドワークスの利用をおすすめしたいです。

サグーワークス

一般的なクラウドソーシングサイトは、ライティング以外にも色々な案件を取り扱っていますが、こちらのサグーワークスはライティング特化型なのでライター志望の方に非常におすすめです。

案件は大きく分けて「簡単テキスト作成」「高単価ライティング」の2つに分けられ、初心者の方は前者を、実力がついてきたら後者を、それぞれ選ぶことで着実にステップアップできるのが魅力。

また、こちらの画像にある「こぶたの鉛筆」という自社メディアの中で、Webライターのイロハを現役のライターたちが紹介してくれています。

  • 必読!Webライティングの基本7つ
  • タイピングは絶対速くなる!練習のコツを掴んでスピードアップ!
  • これで完璧!「話し言葉」と「書き言葉」の違いを徹底分析!

このような初心者必読のコンテンツが多数掲載されているため、まさに「ライター特化型クラウドソーシング」といえるでしょう。

yusei吹き出し
Yusei

この他にもクラウドソーシングサイトは存在しますが、初心者には厳しかったり、案件数が少なかったりと、欠点が目立ちます。紹介した3つの中から自分に合いそうなものを選んで、ライターデビューをしてみましょう!

プロフィールを充実させよう

クラウドソーシングサイトを選んだら、早速登録を始めていきましょう。登録の時に、自分のプロフィールを作成することになるので、まずはプロフィールを充実させることに力を注いでください。

クライアントによって異なりますが、プロフィールを整備すると以下のメリットが生まれます。

  • テストライティングの選考が通りやすくなる
  • 社会人としてしっかりしていることのアピールになる
  • 自分だけの強みを伝えられる

後述しますが、多くのクライアントは案件を振る前に「テストライティング」と呼ばれる模擬試験のようなものを実施します。新米ライターの場合、このテストライティングまで辿り着けるのかが1つ目のハードルです。

そして、多くのクライアントはこの選考にプロフィールを用いているので、仕事を獲得して働くためにもプロフィールの整備は必要不可欠。

また、Webライターの多くは「片手間」「お小遣い稼ぎ」という感覚で仕事をしているためか、多くのクライアントは「この人は大丈夫か?」という目でライターを見ています。そんな中、しっかりとプロフィールを作り込んでいれば、第一印象は非常に良くなります。

では、プロフィールではどのようなことを編集できるのでしょうか?以下にまとめてみました。

  • 自己PR文
  • 週・月あたりの稼働可能時間
  • 本業の職種
  • スキル
  • ポートフォリオ(過去執筆物)
  • 経歴

利用するサイトによって異なりますが、おおよそ以上のものを編集できます。

yusei吹き出し
Yusei

プロフィールはマッチング前に自分を露出できる唯一の手段です。「書いたもん勝ち」のようなところがあるので、自分の強みを最大限理解してもらえるよう、しっかりと作り込みましょう(嘘はいけませんよ)。

4:クラウドソーシングサイトで案件に取り組む

クラウドソーシングサイトに登録したら、続いて案件に取り組んでいきましょう。以下に流れをまとめてみました。

  1. 案件を探す
  2. 応募する
  3. テストライティングに取り組む
  4. 本採用後、案件に取り組む
  5. 評価する

この流れを事前に知っておくのは非常に大切なので、1つずつ解説していきます。

1:案件を探す

まず始めに案件を探していきます。クラウドソーシングサイトのクラウドワークスで「記事・Webコンテンツ作成」のカテゴリに飛ぶと、以下のように案件がリスト化されています。

このリストを見るだけで、案件のジャンルや文字単価が表示されているので、自分が気になったものに目を通していきましょう。

はじめは「出来るだけ文字単価が高い案件」にばかり目が行きますが、これは多くの初心者がハマりがちな「高単価のワナ」です。

そもそも、初心者が高単価案件に採用されることは珍しいですが、仮に採用されたとしても、要求される記事の質が高いため「仕上げるまでの時間」が非常にかかります。時間あたりに換算すると、割に合わないと感じることも多いです。

一方で、低単価案件は取り組みやすいことが多いため、想像以上にスムーズに終わります。もし文字単価が2倍違っても、仕上げる時間が2倍早ければ、両者の時給は同じ。このような考え方を取り入れると、スムーズに案件探しが進みますよ。

2:応募する

良さげな案件が見つかったら、その案件に応募していきます。まずは案件情報をじっくり読み込んで、以下の内容をチェックしておきましょう。

  • 文字単価
  • 執筆ジャンル
  • 納期
  • レギュレーション(執筆時の約束事)
  • 文字数
  • 納品記事数
  • 応募文に書くこと

中でも「応募文に書くこと」は大切です。クライアントごとに、「応募する時に〇〇を必ず教えてください」と指定していることが多いため、求められる情報をしっかりと織り交ぜた応募文を作成して応募しましょう。

また、直接対面しないものの、クラウドソーシングはビジネスの場なので、応募文のテイストはもちろんビジネスマナーを反映させてください。LINEのチャットのような感覚で文章を作成するのは絶対NGです。

3:テストライティングに取り組む

応募して無事に受理されたら、まずはテストライティングに取り組んでいきます。テストライティングを用意せず、そのまま本採用になる案件もあるにはありますが、初心者が取り組む案件のほとんどはテストライティングがあります。

テストライティングでは、案件と関係のある短めの文章を納品するので、レギュレーション通りにしっかりと作り込んで、納期までにしっかり納品しましょう。

4:本採用後、案件に取り組む

テストライティングが無事通ったら、いよいよ案件のスタートです。テストライティングとやることは同じなので、レギュレーションと納期を守り、完成度の高いコンテンツに仕上げましょう。

「誤字脱字」はライターの命綱なので、納品前にはダブルチェックするなど、厳しくチェックするのを忘れずに!

また、納品した後に修正するべき部分が見つかったら、再度取り組むことになる可能性もあります。クライアントによっては何度も何度も修正を出してくる場合があるため、注意が必要です。

5:評価する

納品が終わったら、最後にお互いがお互いを評価して契約終了です。サイトにもよりますが「段階評価」であることが多く、この評価が積み重なっていけばいくほど、そのサイト内でのライターとしての価値が高まっていきます。

多くのクライアントは、問題なく案件が終われば満点評価をしてくれるので、できるだけ高い評価をもらえるように仕事に真面目に取り組みましょう。

yusei吹き出し
Yusei

案件探しから評価までが、1つの案件に取り組む一連の流れです。これが終われば報酬が支払われ、無事にライターとして副業収入をゲットできます。想像以上に簡単に取り組めますよ。

4:クライアントと信頼関係を構築する

クラウドソーシングで案件に取り組んでいけば、副業収入は誰でも簡単に稼げますが、「より安定して働く」ためにできることを最後に解説していきます。

結論からいえば、「クライアントと信頼関係を構築すること」が安定して働き、安定して稼ぐために何よりも重要なことです。

「お得意さま」ができれば仕事がグッと楽になる

どの仕事でもそうですが、「お得意さま」ができれば仕事はグッと楽になりますよね。初対面の面倒な挨拶やお互いの距離感の探り合いなど、面倒なことは一切不要ですし、「どのような記事を書けば良いのか」「どのような文体を好むのか」などを把握しながら書けるので、非常にスムーズに仕事が進みます。

そして、クライアント側も「スピーディーに記事を入れていきたい」と考えているため、特定のライターに案件を集中的に振りたいと考えるもの。

つまり、「お得意さま」はライター、クライアントの双方にとってWin-Winの関係性であるということです。

したがって、日々案件に取り組む中で「お得意さま」を見つけられるよう、常にアンテナを張っておきましょう。「この人良さげだな」と思ったら、積極的にコンタクトを取ることはとても大切です。

「多すぎず、少なすぎず」のクライアントとつながろう

また、Webライターはとにかく安定して案件が取れるかどうかがカギなので、多くのライターが「とにかく多くのクライアントとつながっておこう」と考えます。

確かに、これも間違いではありませんが、多くのクライアントとつながればつながるほど、より多くのレギュレーションに縛られてしまい、「スピーディーに取り組む」ことが難しくなります。

クライアントによって記事に求めることは千差万別なので、おすすめは「多すぎず、少なすぎず」の数人程度のクライアントとつながっておくことです。「働けない時間」をとにかく避けたいので、安定して案件を振ってくれるクライアントを探しましょう。

yusei吹き出し
Yusei

「案件やクライアントを探す時間がもったいない。とにかく書きたい。」と考えるのがライターです。仕事がクライアントに依存するので、どれだけ早くお得意さまにたどり着けるのかがカギになります。

まとめ

副業Webライターを始めようと考える方は非常に多いですが、そのほとんどが始めるところまで辿り着けないか、安定して働けるまでに辞めてしまいます。だからこそ、継続してコツコツ続けていけば、誰でも簡単に稼げるようになるのです。

必要機材を揃え、タイピングに慣れ、クラウドソーシングで募集している案件に挑戦すれば、学生でも、会社員でも、主婦の方でも在宅ワークで稼げます。文章を書くコツなどは、クラウドソーシングの無料講座やブログをチェックしてスキルを磨きましょう。

ライターとしての腕を磨いていけば、自分でブログを運営したり、さらなる高額案件にチャレンジすることで、フリーランスとして独立も夢ではないかもしれません。

記事で紹介した情報を参考に、ライターとして働く準備を万全にして、副業生活をスタートしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

節約ライター。好きなものはクーポン券、好きな言葉は半額、嫌いな言葉は消費税。浪費グセを徹底的に見直し、あらゆる節約テクを実践する中で、自身の経験を誰かに伝えたいと筆を取る。「楽しく節約」をモットーに、誰もが楽しんで節約できるテクニックや考え方を分かりやすく解説。